桶谷式手技(乳房マッサージ)とは・・・

桶谷式母乳育児とは助産婦・桶谷そとみ(1913-2004)が考案した乳房マッサージと母乳育児方法で正式には「桶谷式乳房管理法」と言います。

第2次世界大戦の最中、母乳が足りず栄養状態が悪いために命を落としていく赤ちゃんを目の当たりにするというつらい経験から、桶谷そとみは「母乳は出るものであり、出せるようにしなければ」という思いで試行錯誤の末、お母さんに苦痛を与えず乳房の調子を整える独自のマッサージ方法を確立し、私たち助産師へ伝承してくださいました。

ご相談内容

「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたいと思っていたけど、実際に試みたら大変・・・想像していたのと違う」と思われる方は少なくありません。

早い方では退院の足で当院に来院されます。
一緒に心地よい貴女と赤ちゃんの母乳育児プランを考えていきましょう!

 ・おっぱいがパンパンに張って痛い
 ・乳首に傷ができて激痛
 ・授乳がスムーズにできない(思ってたより大変)
 ・母乳の量が心配
 ・授乳しようとすると嫌がって赤ちゃんが泣く(自分も泣けてくる)
 ・陥没・扁平乳頭などで赤ちゃんが吸いつくことができない
 ・吸いつけるけど持続できない
 ・赤ちゃんが片側のおっぱいを飲んでくれない
 ・赤ちゃんが泣いてばかりいるから母乳が足りていないように思う
 ・双子ちゃんなど多胎の授乳方法がわからない
 ・赤ちゃんがまだ入院中で離れているときのケア
 ・上のお子さんの時に母乳がうまくいかなかったから今回は頑張りたいけれど
  どうすればよいか など

母乳育児が軌道にのったその後は、
 ・おっぱいのしこり・つまりを感じたり
 ・乳腺炎と思われる症状がある
 ・混合栄養で行っているがミルク量の適量がわからない
 ・混合栄養だけど母乳量を増やしたい
 ・仕事復帰時の乳房ケアを知りたい
 ・卒乳・断乳時のケアについてしりたい  など

ご相談内容は母乳育児に関すること、母子の身体に関することは勿論、その他ご兄弟の赤ちゃん返り等、私でよろしければお尋ねください。




メインメニュー


ご予約はこちら






携帯サイト


携帯から診察日チェック可!


リンク